毛穴をクレンジングする前に泡立て洗顔をしよう

最近顔のくすみが気になってきて、特に小鼻のまわりのぽつぽつとした黒い点。(いちごの粒みたいな)いつから顔に表れたのか考えても全く記憶にないけど、鏡を見るたびに気になって仕方ない。そこでインターネットで調べてみると、毛穴をクレンジングする方法が1番良いと書いてあったので実践することにしました。でも、その話を友人にしたところ、どうにかならないかなぁ・・・と市販の鼻パックがおすすめと言われたので、毛穴をクレンジングする前に毛穴パックをすることにしあました。ごっそり角栓が抜けているのを確認してはいるものの全くいなくなる気配すらない。そんな時泡立て洗顔がいいよと同世代の友達に勧められた。それまではよくテレビCMなんかでやってる手でこねるように泡立てれば泡立て洗顔だと思って実践してきたけれど、友達曰くそんなんで作る泡よりネットを使って作る泡が気持ちいいんだって。泡が気持ちいいってなんだろう。だって洗顔した後は気持ちもさっぱりしてるもんだけど、洗顔でしかも泡で気持ちいいなんて思うことがあるのかなと。でも気になるとやってみたくなる私、とりあえず100円ショップで洗顔用ネットを購入。(こんなのも売ってるんだとビックリしつつ)早速帰宅して化粧を落してから洗顔ネットで泡立ててみる。すると面白いくらいにもこもこ泡が出てくる。しかもネット全体を水に付けてるからか洗顔料の後ろに書いてある仕様目安の分量出してみると大量のもこもこ泡が出てくる。泡を作るだけなのにものすごく楽しい。そしてついに洗顔を始める。ふわとした泡を顔に押し付けるだけでぶわっと顔中に広がる。普段手で作るより泡いすごい弾力があって、確かに気持ちいい。それまで泡で洗っていたと思っていたのは手で洗ってるのと変わらないんだなと新発見。そして気になる小鼻あたりも大量の泡で洗ってみる。この時追加で泡を作ろうと目を開けてみたけど、全く泡がたれてこない。泡が立ってるって聞くけどこういうことなのかなとその時思ったり。そのまま顔全体を泡パックしてみると鏡に映った自分の顔が少し面白くてしばらく眺めてからすすいでいく。泡立て洗顔が終わった後なんだか自分の肌がもっちりしたような不思議な触り心地。なんだこれとまじまじ鏡までみたらなんだか少し肌が明るくなったような。それから毎日ネットでの泡立て洗顔を続けている。小鼻はまだぽつぽつはいるけれど、悩んでいた頃よりは薄くなってきているような。それになによりネットで泡立てたもこもこ泡の洗顔は贅沢しているような気持ちで辞められそうにない。泡立て洗顔最高!と今度は私が友達に勧めています。

ページの先頭へ