私の毛穴クレンジング方法

現在38歳、顔にしみも出てきた、にきびは中学以来出来てこない。中学、高校時は洗顔はクレアラシルというにきびに有名な洗顔料を何も考えずに使っていた。大学から20代後半まではスクラブ入りが気持ちよいのでよく使っていた、値段も考えず。その頃はまだ肌にしみも吹き出物も出来なかった。当然、毛穴の黒ずみも全く気にならなかったし、毛穴をクレンジングすることもなかった。洗面所においていて、自分は生真面目なのでせっけんは体を洗うものと思い込んでいた。だから朝昼晩、一日三回は洗顔していた気がする、というのは中学、高校。そして大学からも思い込みがあり、青が好きだったせいか、透明チューブに入った青の商品を選んでいた気がする。あまりにも過剰になっていたため、余分な皮脂や角質以外の成分まで落としてしまい悪循環に陥った。とうとう毛穴は詰まりだしニキビも悪化。またクリームのようにべたべたしているのは嫌いで、さらっとしていた、泡立ちの良いのを選んでいた。そして最近はしみも出来てきて、肌も若くないので、スクラブ入りは刺激が強そうなので選ばず、炭の色をしたものを選んだ。使ってみたところ、もちろんピリピリもしない。泡立ちが良くないのが気になるが、一度にたっぷりと使う。使い方は先に頭を洗うので、その時にお湯が顔にもかかるので、シャンプーの後で洗顔をする。まずお湯のシャワーを出しておいて、それから毛穴対策用のクレンジングを左の手にたっぷりと出し、少し水分を足し、いくらか泡立たせてから、額からあごまでクレンジングをまた手と顔で回転させながら、あまり押し付けずに、洗顔料がよく汚れを取るようにする。小鼻の黒ずみは特に気になるので、毛穴に染み込ませるようにたっぷりクレンジングしていく。大体時間は50秒位。もう39歳になるので、体にやさしくするようにしているので、洗い流すお湯もぬるめで、よく毛穴の汚れを洗い落とすことを意識しています。

ページの先頭へ