蒸しタオルを使った肌に優しい毛穴ケアの方法とは

肌に出来るだけ負担のかからない、肌表面に摩擦がかからない方法での洗い方がおすすめです。洗顔をする際に蒸しタオルを利用すると肌への負担が少なく保湿性も保たれます。まずは、綿タオルかスクワランタオルを電子レンジでひと肌に温め蒸しタオルをつくります。もしくは、ぬるま湯で軽く温め水分が適度にあるくらいに絞りましょう。肌を優しく包み込むようにタオルを肌にそっと当て、10~15秒ほどおきます。汚れが浮き上がり、肌表面が緩くなっている状態で、洗顔クリームもしくは洗顔料をピンポン玉程度によく泡立て肌の上にのせる感覚で顔全体においていきます。その後、肌表面をこすらず、皮膚に指が当たらない程度に泡の表面を優しくマッサージします。汚れを指で落とすというよりは、肌にある汚れを浮き上がらせる感覚で指を滑らせて軽く円を描くようにマッサージする感覚で行います。すすぎは、ぬるま湯でゆっくりこすらず行うか、ひと肌に温まった蒸しタオルを軽く何度かのせて肌表面に残っている洗顔料を取り除いていくと良いでしょう。気をつけるポイントは、ごしごしタオルで肌表面をこすらない、また、洗顔料が残っているとニキビの原因にもなるので、生え際など見落としがちな箇所は最後、すすぎ落としがないかチェックすると良いでしょう。最後に、肌の毛穴の開きが気になる方におすすめは、最後に綿タオルを冷たくし肌に乗せると毛穴が引き締まり効果的です。ただし、真冬など寒い季節に行うと肌表面の油分がなくなってしまうので気をつけましょう。クレンジングでの毛穴ケアと、蒸しタオルでの毛穴ケアを織り交ぜるなどすると尚良いでしょう。

ページの先頭へ