毛穴クレンジングを超える良い洗顔方法は存在するのか

今までにさんざん毛穴に対するケアを施してきました。具体的にはどろあわわやマナラホットクレンジングゲルなど。確かに一時的に効果はあったのですが、私の肌には合わなかったみたいです。しょうがないですよね。なので別の方法を模索していて、現在気に入っているのは、自分も使って肌の弱い友人にもすすめているのが「坊っちゃん石鹸」です。古風で素朴なパッケージ(ただの袋ですが)にデンと入っているのはでっかい白い四角いせっけんです。 純粋無添加なのでお肌に優しく、これをふわっふわに泡立てて洗顔をするとお肌はつるぴかになりとてもさっぱり洗いあがりますが、なぜかあとで潤ってくるのです。特にアトピーを持っている人にはこのせっけんの優しさがよくわかるようで、肌に沁みずに洗えて良いという声を聞きます。製造方法には並々ならぬこだわりがあるようで固く作られており、湿気の多いお風呂場に置きっぱなしにしてもどろどろに溶けてしまうようなことはありません。匂いは完全に自然のものなので好き嫌いはあるかもしれませんが、洗い上がりに匂いが残ることはありません。無臭です。泡立てネットを軽く濡らして坊っちゃん石鹸をよく泡立て、その泡を顔に乗せて優しく洗いながら首筋・耳・耳の裏まで泡を塗り広げます。肌に指が触れるか触れないかくらいの力加減で肌をこするというよりは泡を揉むような気持ちでていねいに洗います。小鼻の横や耳のつけねなどは片ほうの手で伸ばしてシワの中までよく洗います。すすぐときはぬるめのシャワーで上から下へすすいでいきます。シワを伸ばして洗ったところは同じように広げてシャワーですすぎます。夜1回入浴時にこの洗顔を行い、朝はお肌から自然ににじみ出た潤い成分を失わないように水洗いだけするのがオススメです。毛穴クレンジングに底が見えてしまった人にぜひ挑戦してもらいたいです。

ページの先頭へ