すべての美容の基礎は「洗顔」

皆さんは、美容にどのくらいお金をかけていますか?化粧水・美容液・ファンデーション…そもそも肌がきれいだったら、化粧水と乳液で整えるくらいでいいし、ファンデーションも薄くさっともしくはナシなんて人もいますよね。すべての美容の基礎、洗顔をマスターすることが美しくいられる最大のコツです。まずは、自分に合った洗顔料選びです。美容成分や保湿成分など、栄養分や美容効果ばかりに目が行っていませんか?大切なのは、しっかりほこりやよごれを落としてくれること、界面活性剤が極力少ないことです。ほこりやよごれが残ったままだと、毛穴が詰まってそのうち皮膚がたるんできてしまいます。界面活性剤が多いと、ヌルヌルしてしまって洗顔料をきちんと落とすことが大変になりますし、皮膚表面のバリアが破れてしまい、外からのダメージを受けやすくなってしまいます。私は界面活性剤の少ない固形石鹸をお勧めします。次に正しい洗顔方法です。肌は傷つきやすく、その傷から老化が始まってしまいます。そのため石鹸をよく泡立てて、泡のクッションで肌をいたわりながら洗います。100均で売っている泡立てネットは一瞬で濃密な泡が作れますので、これを利用することお勧めします。泡よりもさらに大切なことは、しっかりとすすいで泡を残さないことです。泡が残ってしまうと、その部分がかぶれたり、毛穴に詰まったり逆によくありません。最後に、皆さん朝は洗顔していますか?実は朝が一番お肌に汚れが付着しているのです。ほこりが床に堆積するまでの時間は八時間ほどと言われています。寝ている間は上げしい動作はしませんから、床と同じくほこりが付着しやすくなります。朝起きる時間が、ちょうど肌にほこりが付着する時間でもあるのです。夜にお手入れしてから朝起きるまでの間、何時間あるでしょうか。もし、朝何もしないで会社に行ってしまったら、夜に洗顔するまで24時間肌に汚れは付着したままです。朝に洗顔することによって毛穴の黒ずみが付着する確率もぐんと減りますよ。さらに、応用技として朝クレンジングという技もあります。こちらも毛穴の黒ずみに効果的なので実践してみてください。朝の時間の使い方を見直して、ファンデーションがいらない肌を目指しましょう!

ページの先頭へ